東京 N.Y.

写真 Bozzo
写真 Bozzo

こんにちは、水素です。

先日11月25日に東京Studio Gooにてソロピース[10 Movements] を上演させて頂きました。

この作品は、私のソロ作品なりの’野望’が実は一杯詰まった作品だったのですが、自分の力不足か’野望’は多分30% くらいしか果たせず、しかし今回一番やりたい=やらなければいけないことには向き合えたかなといった感じです。

それは、「感情と行為(動き)」の関係性を作品にするという目的です。

動く(振付を作る、踊る)ことが日常となっていると、動きそのものの持つ「感情」を無意識的に抑圧していることがあるということに最近少しづつ気がついて来て、それでは動きそのものの持つ「感情」って何だろう?と思いました。

ある特定の動きをした時に、自分の動きからなんらかの「感情」が生まれる。Motion→emotion の関係。

「動き」から喚起される「感情」

即興的な「感情のスコアー」を生み出すこと。

それが今回のテーマでした。

 

はたして、それはお客さんと共有できたのかしら。

それはStudio Goo に来て下さった満員のお客さんの一人一人によって違うと思います、それがいいと思います。

一人一人の感情のリズムが違っていた方がいいと思います。

 

そういったテーマになったのは、私にとってはN.Y.は全力で生きて行かなきゃいけない場所だなと感じるからです。

かなりみんな熱血で熱いです。

知性だけでは生きて行けません、知性も感情もフル全開で、作品を作っている人に沢山であったからだと思います。

 

水素Co.では今、東京とN.Y.をまたに掛けて活動する準備をしています。

東京でも、N.Y.でも水素Co.の活動をお見かけしましたら、

個人のペースで[フレー!]と言って下されば幸いです。

 

寒くなってきましたのでお体ご自愛ください。

Happy Holidays!!

 

SUISO OGAWA

 

 

 

 

Write a comment

Comments: 0